日光性皮膚炎

紫外線による皮膚炎で、梅雨明けから夏にかけて多く起こります。
特に、海での日焼けによる場合が夏は頻発します。
ひどいと、熱傷状態となり、全身が真っ赤に腫れ、ヒリヒリし皮が剥けてきます。

主に、やけどに準じた治療を行う事が多いです。
スプレータイプの、ストロンゲストクラスの外用薬を使用する事が多くよく効きます。
また、状態がひどい場合は、ステロイドの内服も併用する事があります。
また、皮むけに対して保湿の治療も必要です。
日焼けされた方は、すぐに受診をお願いします。

主に、やけどに準じた治療を行う事が多いです。
スプレータイプの、ストロンゲストクラスの外用薬を使用する事が多くよく効きます。
また、状態がひどい場合は、ステロイドの内服も併用する事があります。
また、皮むけに対して保湿の治療も必要です。
日焼けされた方は、すぐに受診をお願いします。



mapを見る

電話をかける