皮膚繊維腫 dermatofibroma

“皮膚の中にボタンを埋め込んだ感じ”と表現される、褐色の硬い皮内結節で四肢に好発します。繊維芽細胞の真皮内の増殖が原因です。
外科的切除で治療します。病理診断も可能です。
ケロイド (肥厚性瘢痕) hypertrophic scar and kelod
外傷や手術のあとに発生しますが、突然発生する場合もあります。特にケロイドがひどい場合は痒みや引っ張られるような痛みを感じる事もあります。


治療は、ステロイド外用や、ケロイド予防の内服、局所注射などがあります。

治療は、ステロイド外用や、ケロイド予防の内服、局所注射などがあります。



mapを見る

電話をかける