伝染性膿痂疹 とびひ impetigo cotagiosa

乳幼児に、水疱を形成する水疱性膿痂疹と主にかさぶたが主体になる痂皮性膿痂疹に分類されます。



治療はセフェム系の抗生剤内服、抗生剤の軟膏の外用が基本です。
自身でどんどん広がってしまうので、すぐにご受診下さい。



mapを見る

電話をかける