ウオノメ タコ

鶏眼は、通常大人の足にできる径5mm程の硬い皮膚病変で、歩行時に激しい痛みを伴うのが特徴です。中心に芯が見えるので俗にウオノメと呼ばれています。
一定部位に繰り返し刺激が加わり、角質が厚く芯のようになり、芯が神経を圧迫して痛みを生じます。


鶏眼の場合、食い込んだ芯をしっかり除去することが必要です。
中心部の芯の部分をメスやニッパー、ハサミなどで切除します。

鶏眼の場合、食い込んだ芯をしっかり除去することが必要です。
中心部の芯の部分をメスやニッパー、ハサミなどで切除します。



mapを見る

電話をかける