ひょう疽

手や足の爪の周囲に急性の炎症が起こった状態で主として細菌が感染して起こる病気[指趾末節の蜂窩織炎(ほうかしきえん)]です。
爪の周囲に小さい傷があったり指しゃぶりで指がいつも湿った状態になりやすい乳幼児、水仕事の機会の多いかたや、手荒れが起こりやすい人に多くみられます。


<原因>
爪囲部のささくれ、小さな切り傷、爪切りの際の傷や巻き爪、陥入爪で皮膚に爪が食い込んでいるところ等から感染が起こり、爪囲が赤くはれ上がり、痛みが強くなります。
黄色ブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌、緑膿菌などが頻度の高い原因の菌です。


原因細菌が主に黄色ブドウ球菌なので、この菌に効果のある抗菌薬を内服し、痛みが強い時は痛み止めを併用します。
膿がたまっている場合は小さい穴をあけて、中から膿を出してあげると痛みは弱まり、早くよくなります。
抗菌作用のある塗り薬も併用すると効果的です。

原因細菌が主に黄色ブドウ球菌なので、この菌に効果のある抗菌薬を内服し、痛みが強い時は痛み止めを併用します。
膿がたまっている場合は小さい穴をあけて、中から膿を出してあげると痛みは弱まり、早くよくなります。
抗菌作用のある塗り薬も併用すると効果的です。



mapを見る

電話をかける