黒子(ほくろ)

ほくろは生まれつき皮膚に存在するもので、何らかのきっかけでメラニン色素を産生すると小さな褐色や茶色の色素斑として現れます。通常は年齢とともに少しずつ増えるといわれています。
ホクロがチャームポイントだという場合もありますが、気になってとりたいということもあります。
大きく突起したものは、ほかの要因で傷つけてしまい出血をおこしてしまったりする事もあるので、とってしまったほうが良い場合もあります。また、ほくろだと思っていても年々大きくなっていくようなものは、ガンの恐れもあるので十分注意が必要です。


黒子(ほくろ)をとるには、手術による切除や、Co2レーザーでの凝固、電気メスによる焼灼などの方法があります。悪性が疑われるようなケースでは切除して病理検査をします。
ほくろの部位や大きさ、種類により、切除、レーザー、電気メスの中から、傷跡が目立たないよう、最適なものを選びます。

黒子(ほくろ)をとるには、手術による切除や、Co2レーザーでの凝固、電気メスによる焼灼などの方法があります。悪性が疑われるようなケースでは切除して病理検査をします。
ほくろの部位や大きさ、種類により、切除、レーザー、電気メスの中から、傷跡が目立たないよう、最適なものを選びます。

<症例写真>

小さいホクロが多くて受診された患者様です。
まずは、小さいホクロをCO2レーザーで焼却しました。顔は血流が良く、治りが早いので、今後どんどんなじんでいくと思います。大きいホクロは、次回保険で、外来で手術する予定です。











外来手術にて、全摘した症例。いずれも、良性。




mapを見る

電話をかける