白斑

尋常性白斑は原因不明の後天性の脱色斑です。
白斑の原因はわかっておりませんが、免疫システムによる、メラニン色素をつくるメラノサイトの破壊、神経系によるメラノサイトへの影響などの説があります。関連性は解明されていませんが、甲状腺疾患、糖尿病、悪性貧血なども同時にみられることがあります。


◎他院で “カビ” と誤診されていた「尋常性白斑」の症例


現時点ではまだ確立されていませんが、副腎皮質ホルモンの外用や内服、紫外線治療、皮膚移植術、最近では、活性型ビタミンD3外用剤が有効ともいわれています。根気よく治療を続けることで、改善が望めるとされています。

現時点ではまだ確立されていませんが、副腎皮質ホルモンの外用や内服、紫外線治療、皮膚移植術、最近では、活性型ビタミンD3外用剤が有効ともいわれています。根気よく治療を続けることで、改善が望めるとされています。



mapを見る

電話をかける