にきび

ニキビは皮膚疾患のひとつで、医学的には座瘡(ざそう)といいます。そのメカニズムは、皮脂の分泌量が多く皮脂が排出しきれずに毛穴に詰まり、皮脂と不要な角質が混ざり合って角栓(かくせん)化します。
そこにニキビ菌などの常在菌が繁殖するため、炎症を引き起こしてニキビができます。原因として、ストレスやホルモンバランスの乱れによる皮脂の分泌過剰、生活習慣、睡眠不足、化粧品の使用などがあり、それらが複雑にからみあってニキビができます。
ニキビでも20代以降に出てくる、いわゆる難治性の大人ニキビは、様々な方法を組み合わせて治療を行います


<思春期ニキビ>

思春期はホルモンの分泌が盛んになり、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、皮膚常在菌のアクネ桿菌(アクネかんきん/プロピオニイバクテリウム・アクネス)が繁殖します。 皮脂の分泌量が特に多いTゾーン(額から鼻にかけてT字に形どられた部分)に症状がでやすいのが特徴です。


<大人ニキビ>

大人ニキビは、体内に蓄積された負担が肌の新陳代謝にまで影響しているのが原因です。
乾燥、睡眠不足や偏った食生活による生活習慣の乱れ、ストレスによるホルモンバランスの崩れなど、さまざまな要因が複雑に絡み合ってできます。
季節に関係なく一年中でき、口周りやあごにかけてのフェイスラインに症状がでやすく、治りにくいのが特徴です。


<白ニキビ>

白ニキビは、閉鎖面皰(へいさめんほう)とも呼ばれています。蓄積された古い角質が毛穴に詰まり、皮脂がスムーズに排泄されず、毛穴が徐々に大きくなって皮膚が膨らんでいる状態をいいます。
膿(うみ)が白く透けて見えることから白ニキビと呼ばれています。直径が1~3ミリ程度で初期段階のニキビといわれ、まだ炎症を起こしていないため、刺激しないようにすることが大切です。


<黒ニキビ>

黒ニキビは開鎖面皰(かいさめんほう)と呼ばれ、白ニキビとは逆に毛穴が開き、皮脂が空気に触れて酸化した黒くなった状態をいいます。
主に鼻や鼻の脇にみられ、白ニキビ同様、炎症は起こしていないので早めのケアが大切です。
ホルモンバランスの乱れには、ホルモン治療、毛穴の角化には、ケミカルピーリング、皮脂の分泌亢進にはイオン導入など、アクネ桿菌には、抗生剤などの治療法があります。治療のポイントは、できるだけ多くの原因に対しての治療を併用するのが効果的といえます。


<赤ニキビ>

赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビのケアを怠った結果、アクネ桿菌や表皮ブドウ球菌が毛穴で繁殖することによって、皮膚の中のたんぱく質を刺激し、炎症を起こして悪化した状態をいいます。
炎症が起こると白血球がニキビ菌を攻撃するため、周囲の組織が傷つけられ、凸凹や赤み、色素沈着などのニキビ跡へ繋がってしまいます。


<黄色ニキビ>

黄色ニキビは膿疱性(のうほうせい)ニキビともいいます。化膿がひどく、膿疱が数多くみられ、赤みがとても強くなっています。赤みが強いのですが、膿が黄色いため、黄色ニキビと呼ばれています。主にあご、頬、髪の毛の生え際にでやすいのが特徴です。
また、黄色ニキビは体に熱がこもりやすいため、暑がりな人にできやすく、夏になると症状が悪化する傾向にあります。白ニキビや赤ニキビが悪化すると、赤く腫れ上がって痛み、黄色ニキビに変化します。黄色ニキビは大きくて目立つ上に、治っても跡が残る場合が多いので注意が必要です。


<化膿したニキビ>

化膿したニキビは膿疱性座瘡(のうほうせいざそう)ともいいます。赤ニキビが更に化膿した状態です。皮脂の分泌だけではなく、落としきれなかった化粧や過剰なスキンケアなどが原因に挙げられます。
また、生活のリズムが変わったことにより、ニキビが悪化し始めたという場合は、ストレスが原因とも考えられます。


<紫ニキビ>

紫ニキビは結節性ニキビともいいます。しこり状態のニキビで、赤黒く大きめで、盛り上がっている状態です。痛みはないのですが、ニキビに触れるとごりごりとした感触があります。
紫ニキビの原因は、便秘、食生活の乱れ、ストレス、紫外線、睡眠不足、生理不順などの要因が絡み合っているといわれています。血の循環のよくない方や、老廃物が溜まっている方にも出やすいといわれています。


サイトンレーザーやクリアタッチという光治療器で治療します。皮脂や膿が溜っているところには、炭酸ガスレーザーを使用して溶解させ、炎症を鎮静させます。また、光治療器での治療を継続することにより、新しいニキビができにくくなっていきます。
<サイトンレーザー>
光波長が、アクネ桿菌を死滅させる410nm~900nmの波長とばっちり適応します。
それに加えて、
・アクネ桿菌を死滅させる青色光
・黒ニキビを軽減させる緑色光
・赤ニキビを軽減させ肌質を改善する黄色光とオレンジ光
・炎症、皮脂を軽減させる赤色光
の5色の光を持つため、ニキビ治療全般に効果的です。加えて、コラーゲンを産生する作用もあります。
専用ジェルで冷やしながら照射するため、肌にかかる負担を最小限にすることが可能です。

サイトンレーザーやクリアタッチという光治療器で治療します。皮脂や膿が溜っているところには、炭酸ガスレーザーを使用して溶解させ、炎症を鎮静させます。また、光治療器での治療を継続することにより、新しいニキビができにくくなっていきます。
<サイトンレーザー>
光波長が、アクネ桿菌を死滅させる410nm~900nmの波長とばっちり適応します。
それに加えて、
・アクネ桿菌を死滅させる青色光
・黒ニキビを軽減させる緑色光
・赤ニキビを軽減させ肌質を改善する黄色光とオレンジ光
・炎症、皮脂を軽減させる赤色光
の5色の光を持つため、ニキビ治療全般に効果的です。加えて、コラーゲンを産生する作用もあります。
専用ジェルで冷やしながら照射するため、肌にかかる負担を最小限にすることが可能です。

■メカニズム
アクネ桿菌は常にポルフィリン(有機化合物)を自然産生しています。ポルフィリンは、ある特殊な光に反応する光感受性物質です。ピュアアクネスは、このポルフィリンが反応する光を照射します。
1.ポルフィリンに光を照射
2.ポルフィリンが光を吸収し、不安定になる
3.不安定なポルフィリンは、周囲の酸素を使って、自らを安定化させようとする
4.周囲の酸素が不安定な活性酸素に変わり、ポルフィリンは安定した状態になる
5.こうしてできた活性酸素がアクネ桿菌を破壊する


■特徴
・全てのニキビに効果的です。
・アクネ桿菌自体を死滅させるため、再発しにくいです。
・ダウンタイム(日常生活に戻るまでの時間)がなく、治療直後から化粧が可能です。
・ニキビの改善とともに、コラーゲンが産生されるため、肌質自体の改善が可能です。



mapを見る

電話をかける