アトピー性皮膚炎 atopic dermatitis

アトピー素因(アレルギー性喘息、鼻炎、結膜炎、皮膚炎)に基づく。慢性に湿疹皮膚炎を繰り返す(乳児期で2ヶ月以上、その他で6ヶ月以上)
フィラグリン遺伝子変異の発症が重要であることが近年知られています。白内障や網膜剥離の合併症を起こす事があります。




治療は、免疫抑制剤の外用、抗ヒスタミン薬内服や保湿剤の塗布です。当院では患者様の皮膚症状に合わせて配合外用剤なども処方可能です。
重症の場合は、当院の連携大学病院のアトピー外来に紹介し入院も検討出来ます。

治療は、免疫抑制剤の外用、抗ヒスタミン薬内服や保湿剤の塗布です。当院では患者様の皮膚症状に合わせて配合外用剤なども処方可能です。
重症の場合は、当院の連携大学病院のアトピー外来に紹介し入院も検討出来ます。



mapを見る

電話をかける