アレルギー・花粉症

通年性アレルギー鼻炎
主なアレルゲンとなるのは、ダニやハウスダスト等、ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛、フケなどがあります。
このアレルゲンが1年中あるので、症状も1年中あることになります。症状としては、くしゃみ、鼻みずのほか、喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。
季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)
原因となる花粉が飛ぶ季節にだけ症状がでます。
日本では、主なアレルゲンとしてスギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカバなど、約60種類の植物により花粉症を引き起こすといわれています。
鼻・目の症状(かゆみ、なみだ、充血など)を伴う場合の他、喉のかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることもあります。


内服剤、注射、点眼薬、点鼻薬などが用いられます。最近では、抗原エキスを体にいれて時間をかけて徐々に花粉に慣れるようにしていく減感作療法という治療法もでてきています。



mapを見る

電話をかける