秋のアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の患者さんが皮膚症状の悪化を訴えて来院するケースが多いです。
また、秋の花粉症いいかえればオオブタクサ・ブタクサやヨモギなどキク科の花粉症により、アトピー性皮膚炎症状が増悪して来院する場合があります。
この際、鼻閉・鼻汁などの鼻炎症状および、眼がかゆいなどの結膜炎症状を必ずしも明確に呈していないケースもあり、注意が必要です。
いずれにせよ、しっかりとその症状に合った外用剤、抗ヒスタミン薬などの内服や保湿ケアをすれば、コントロール出来ますので、我慢なさらずに受診されて下さいね。
当院では、アレルギー科も併設しておりますので、点鼻薬や点眼液、またその方にあうお注射なども出来ます。




mapを見る

電話をかける